肌タイプ診断:あなたの肌はどれ?美しい肌への第一歩

skin care

肌タイプとは、肌の水分量と皮脂量のバランスによって分類されるものです。通常、肌タイプは以下の4つに分けられます。

肌タイプとは

  1. 乾燥肌: 乾燥肌は、水分量と皮脂量がともに少ない特徴を持っています。洗顔後に肌がつっぱる感じがすることがあります。水分不足により肌バリアも低下し、小じわやカサつき、肌荒れが起こりやすくなります。
  2. 脂性肌: 脂性肌は水分量と皮脂量がともに多い状態で、肌がうるおいと弾力を持っています。しかし、皮脂が多いためベタつきがしやすく、毛穴の詰まり、黒ずみ、肌のキメの粗さが気になります。
  3. 混合肌(またはインナードライ肌): 混合肌は水分量が少なく、皮脂量が多い肌です。この肌質では、顔の一部分が脂っぽく感じる一方で、別の部分は乾燥やつっぱりが生じることがあります。混合肌のため、異なる肌タイプが同時に存在することもあり、これは一般的に「コンビネーションスキン」とも呼ばれます。
  4. 普通肌: 普通肌は水分量が多く、皮脂量が比較的少ない肌タイプです。肌のキメが整っており、毛穴の目立ちが少なく、肌の触り心地やツヤが良いのが特徴です。ファンデーションのノリが良く、一般的には理想的な肌質とされています。

ただし、普通肌でも季節やストレス、生理周期によって肌の状態が変化しやすいため、適切なケアが必要です。

肌タイプがわからないときは

「乾燥肌だと思っていたのに実際は混合肌だった」ということもあるため、ポイントを押さえて肌タイプを判断することが大切です。ここからは、4つの肌タイプを見分けるポイントをふたつのシチュエーションに分けて解説いたします。

洗顔後の肌状態から見分ける 洗顔後は肌の状態を観察しやすいため、肌タイプを判断するのに適しています。洗顔後、肌触りの良いタオルで水分を拭き取り、化粧水や乳液をつけずに10分ほど放置したときの肌の状態を観察しましょう。

つっぱり感やカサつきなど、時間とともにどのような変化があるのか、しっかりチェックすることが本来の肌タイプを知るポイントです。特に、乾燥肌と混合肌は見分けることが難しい場合があるため、洗顔後の肌の状態に着目することで判断しやすくなります。

それぞれの肌状態から、以下のように見極めることが可能です:

  • 乾燥肌→肌全体につっぱり感が残る
  • 脂性肌→肌全体にテカリやベタつきを感じる
  • 混合肌→つっぱり感があり、Tゾーンにテカリが見られる
  • 普通肌→つっぱり感やベタつきはあまり感じない

ベースメイクをしてから約5時間後の肌状態から見分ける いつものようにスキンケアを行い、ベースメイクで肌を整えてから、約5時間後の肌の状態やメイクの崩れ方を確認すると肌タイプが見分けられます。

テカリが見られるときは、皮脂が過剰に分泌されている状態です。指に皮脂がつくなら「テカリ」、皮脂がつかない場合は「ツヤ」と判断します。テカリのみの場合は「脂性肌」の可能性があります。

つっぱり感や小ジワが目立つ場合は「乾燥肌」です。スキンケアをしたときよりもツヤがないと感じる場合も乾燥肌の可能性が高いでしょう。乾燥肌の場合、ベースメイクが落ちてしまっている部分があり、重ねづけしてもメイクのノリが良くありません。

テカリや皮むけ、つっぱり感が気になる場合は「混合肌」です。テカリは皮脂が多い状態ですが、つっぱり感や皮むけは水分不足のサインです。適度なツヤがあり、化粧崩れが気にならない場合は「普通肌」といえます。

肌タイプ別のスキンケア

乾燥肌タイプのスキンケア 乾燥肌タイプは保湿ケアを重点的に行うことが大切です。化粧水(水分)と乳液・クリーム(油分)の両方をしっかり補給しましょう。つっぱり感が残る部分や小ジワが目立つ部分には、少し多めに重ねづけするのもおすすめです。

乾燥肌は肌バリアが低下している状態なので、乳液やクリームなどで肌の上に膜をつくってうるおいを保つよう心掛けましょう。乾燥が気になる部分は、スキンケアの最後にハンドプレスすると保湿力を長時間維持しやすくなります。

脂性肌タイプのスキンケア 脂性肌タイプは肌がベタつきやすいですが、洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで落としてしまうおそれがあるため注意が必要です。

洗顔をするときは、たっぷりの泡で円を描くようにやさしく丁寧に行いましょう。ベタつきが気になる場合は、洗浄力が少しだけ強い洗顔料に変更してみるのもひとつの手です。

洗顔後は化粧水で肌を整えてから、テクスチャーが軽いクリームや少量の乳液などでうるおいを閉じ込めましょう。

また、睡眠不足やストレスなどは脂性肌の原因にもなりかねません。適切なスキンケアを行うとともに、十分な睡眠やストレスケアなどでホルモンバランスを整えることも大切です。

混合肌タイプのスキンケア テカリとカサつきが両方ある混合肌タイプは、肌の状態によって細かくスキンケアを使い分けるのがおすすめです。

テカリがある部位には、脂浮きを抑える美容液を使用しましょう。乾燥が気になる部位は、化粧水や乳液で保湿ケアを行います。

とはいえ、化粧水だけではうるおいが蒸発して肌の乾燥を引き起こしかねません。乾燥した状態が続くと肌を守るために皮脂分泌が過剰になりやすいため、クリームなどでしっかりフタをするのがポイントです。

油分が配合されているクリームなどを使うときは、テクスチャーの軽いものを選び、ベタつきやすいTゾーンへの使用は控えめにします。肌の状態を良く観察して季節や体調、部位に合わせてスキンケアを調節しましょう。

普通肌のスキンケア 普通肌タイプは理想的な肌なので、基本の洗顔と保湿ケアを続けて健やかな肌を保つことができます。基礎化粧品を使うときは、メーカー推奨の基本量を目安にすれば問題ありません。

ただし、寒い時期やエアコンを使用するときなどは肌が乾燥しやすくなるので、クリームなどを追加して臨機応変にケアすることが大切です。乾燥が気になる部分があるときは、化粧水やクリームなどを重ねづけしてうるおいを閉じ込めましょう。

まとめ

肌タイプは「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」「普通肌」の4つの主要なタイプに分けられます。肌タイプを正確に判断するために、洗顔後の肌状態を注意深く観察する方法があります。

また、ベースメイクを施し、その後約5時間後に肌の状態やメイクの持ち具合をチェックすることも役立ちます。肌のタイプが不明瞭な場合、専門家に相談することも一つの方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました